現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 観光スポット
  3. 自然
  4. 襟裳岬

襟裳岬

国指定文化財「名勝ピリカ・ノカ」襟裳岬(オンネエンルム)

襟裳岬の写真
北海道の背骨と呼ばれる険しい日高山脈がしだいに標高を下げ、そのまま太平洋に沈んでいく、壮大な大自然のドラマを実感できるのが襟裳岬。
長年に渡って荒波に洗われているにもかかわらず、遠く2キロメートル沖まで岩礁地平等が続く光景は感動的だ。
海面下に没してさらに6キロメートルも続くというから驚きだ。
平成22年8月、アイヌ民族の精神的・聖地的に重要な場所であるとして、国指定の名勝ピリカ・ノカに指定される。

襟裳海山

海岸の写真
日高山脈の突端、襟裳岬の延長上に延々と2キロメートルも続く岩礁地帯は、山脈がそのまま海に続いていることを物語っている。
また、襟裳岬の南東方向185キロメートルの海面下には、襟裳海山と呼ばれる海中の山が潜んでいる。
この襟裳海山は日本海溝の最北端の深い海底にあり、海山の高さは富士山よりも高い約4,200メートル。
その高さがあっても山頂は海面下3,735メートルの深海にあるという。

海の愛矯物・ゼニガタアザラシ

ゼニガタアザラシの写真
襟裳岬から点々と続く岩礁地帯は、海流も早く水中に隠れた岩もあることから、たとえ小舟であっても人聞が近づくことが難しい。
人間にとって危険な場所は動物たちの楽園。
双眼鏡などで見ると、背中に小銭のような模様があるゼニガタアザラシの群れが、のんびりと日光浴をしている姿がしばしば見られる。

襟裳岬風の館

写真
風速25メートルの風体験
襟裳岬は、風速10メートル毎秒の風が吹く日が260日を超える、わが国有数の強風地域。
時には、風速30メートル毎秒以上になる日も決して珍しくない。
風の館はその強風を活かした風のテーマ館。
館内には、えりもの強風を体感するコーナーや気象情報コーナーを設置。
ガラス張りの屋内展望室からは、野生のゼニガタアザラシの姿や季節ごとに表情を変える岬の風景をのんびり眺めることができる。
流木、貝殻、海藻を利用した体験も行なっている。

襟裳岬歌碑

歌碑
襟裳岬歌碑(右:島倉千代子、左:森進一)
襟裳岬の展望台の横には2つの歌碑があります。
1つ目は1971年に島倉千代子の歌「襟裳岬」を町名改称した記念として建立されました。
もう1つの歌碑は1997年に「風の館」が建設され、森進一が来町した際に記念として建立されました。
同じ場所に同名異曲の2つの歌碑が並んで建立されているという他では見ることができない珍しい光景を見ることができます。

黄金道路

黄金道路の写真
襟裳岬からののどかな砂浜がとぎれ、えりも町庶野から広尾町市街近くまで、再び切り立った岸壁沿いに道路が続く。
このルートは国道336号だが、それを知らなくても通称の「黄金道路」の名前を知らない人は北海道にはほとんどいない。
その建設に当たっては多額の費用がかかったことから、「まるで金を敷き詰めたように資金が費やされた道路」というのがその名前の由来。
トンネルと覆道が連続し、覆道の合間から素晴らしい海岸線が、まるで映画のコマ落としのように眺められるのも、このルートの楽しみのひとつ。
このルートの建設が計画されたのは、江戸時代のこと。
しかし調査の結果、海岸ルート、山岳ルートともに建設には困難が予想され、長い間この間は迂回路にたよらざるを得なかった。
ここにようやく陸のルートが着工されたのは、それから長い歳月を経た昭和2年。
トンネルと海岸の埋め立て、崖を削るなどの難工事のため、完成までには7年もかかり、昭和9年にようやく日高と十勝を結ぶ海岸ルートが開通した。

基本情報

住所
〒058-0342 北海道幌泉郡えりも町えりも岬