現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のページ
  3. 町民生活課
  4. 社会係
  5. 保育所

保育所

えりも町内の保育

一覧表
名称 定員 住所 電話番号
中央保育所 140人 えりも町字歌別252番地 01466-2-2411
えりも岬保育所 45人 えりも町字えりも岬54番地の1 01466-3-1607
庶野保育所 60人 えりも町字庶野579番地の4 01466-4-2207

入所基準

保育所に入所できるのは、保護者が次のいずれかの事由により児童を保育することができない家庭であることが条件となります。また、入所後であっても、保護者の退職等により「家庭での保育が可能」になった場合は、基準を満たさないため退所となります。
  1. 居宅内外で労働することを常態としていること
  2. 妊娠中または出産後である(入所期間は産前6週産後8週の期間を限度)
  3. 病気やけが、または心身の障がいを有する
  4. 同居または長期入院等の親族の介護・看護をしている
  5. 地震、風水害、火災等の災害の復旧にあたっている
  6. 仕事を継続的に探している(入所期間は90日を限度)
  7. 学校に在学している、または職業訓練を受けている
  8. 虐待やDVのおそれがある
  9. 育児休業取得時に、すでに保育所を利用している兄姉がいて、継続利用が必要であると認められるとき
  10. その他1~9の事由に類するものとして町が認める場合

入所受付

毎年11月に、役場町民生活課社会係において、翌年度分の入所受付を行ないます。
年度途中の入所希望についても、原則、前年11月に行ないますのでご留意ください。

平成28年度入所児童募集について

町では、平成28年度の保育所入所児童を募集します。
年度途中に入所を希望する場合も、必ず今回申し込みをしてください。出生予定のかたはご相談ください。
募集期間
平成27年11月11日(水曜日)から平成27年12月10日(木曜日) 期限厳守
各保育所の募集内容
中央保育所 えりも岬保育所 庶野保育所
0歳児(満6か月以上)  5人 1歳6か月~2歳児   6人 1歳6か月~2歳児  12人
1・2歳児        30人 3~5歳児       39人 3~5歳児       48人
3歳児          40人  
4・5歳児        65人
開設時間   月曜日~金曜日        8時から16時まで
       土曜日(第2・第4は休所)   8時から12時まで
入所クラスの年齢は、平成28年4月1日現在の年齢クラスです。
保育の必要性の認定
今回初めて保育所の入所申し込みをするかたは、「保育の必要性の認定(保育認定)」を受けていただく必要があります。これは、保育所などの保育・教育サービスを提供していくために、保育の必要性や必要量を判定するためのものです。

(1) 保育認定の種類
認定区分 対象となるお子さん 利用できる施設
1号認定 3歳以上就学前のお子さん 幼稚園
2号認定 3歳以上で、保護者の就労や疾病などの理由により保育を必要とするお子さん 保育所
3号認定 3歳未満で保護者の就労や疾病などの理由により保育を必要とするお子さん 保育所
注意 2号認定でも幼稚園を利用できます。なお、新制度に移行しない幼稚園については、認定を受ける必要はありませんので、直接幼稚園にお申し込みください。

(2)保育所認定(入所)の基準
ページ上部の「入所基準」と同じです。
申し込み方法
役場町民生活課と各保育所に、保育認定申請書、保育所入所申込書などを備えていますので、必要事項を記載し、すべての書類がそろってから、役場町民生活課社会係までご提出ください。
なお、すでに入所中のお子さんについては、代わりに現況届を提出してもらうため、保育認定申請書は必要ありません。
提出の際には、記入漏れがないかを職員が確認したうえで申し込みを受け付けます。
注意事項
(1)郵送での申し込みは受け付けておりません。必ず保護者のかたが役場町民生活課社会係窓口へ提出してください。代理人による提出も受け付けておりません。
(2)勤務先が複数の場合は、勤務先ごとに稼働証明書を提出してください。
(3)食物アレルギーをもつお子さんは、保育所申し込み時に医療機関の診断書などが必要です。すでに入所中のお子さんも必要になります。
(4)入所申込書の「保育所へ入所させなければならない理由」は、入所判定において重視しますので、詳しく記載してください。
 例 ・同居あるいは町内に別居している祖父母の状況(就労状況を含め)
   ・自営業のかたは、年間の就労状況(○月は○○漁、○月は○○漁など)
(5)申込書提出後、記載内容に変更があった場合は、その都度ご連絡ください。
(6)入所希望が定員を上回る場合、入所できないこともありますので、あらかじめご了承ください。

保育料

保育料は、入所する児童と世帯・生計を同じくしている者の税額等によって定めます。基本的に保護者(父・母)の合算額となりますが、家計の主宰者が祖父母である場合は、祖父または祖母の税額を含めて算定します。

保育料改定のお知らせ

平成27年度から保育料が次のように変わります。

算定する税が町民税に変更
保育料を算定していた税が、所得税から「市町村民税所得割税額(以下「町民税所得割」)に変わります。
※町民税所得割は、税額控除(住宅借入金特別控除、配当控除、外国税額控除、寄付金控除等)を差し引く前の税額となります。
※保育料算定に限り適用していた年少扶養控除と特定扶養控除(どちらも税制改正により廃止)は、新制度では適用されなくなります。
切り替え時期が2回
4月から8月の保育料は平成26年度町民税所得割、9月から3月の保育料は平成27年度町民税所得割によりそれぞれ決定します。
納付書も、それに合わせて4月と9月に届くことになります。
「保育短時間」と「保育標準時間」
保育所の開設時間が、8時間の「保育短時間」と11時間の「保育標準時間」それぞれに応じた料金になります。えりも町では現状8時間の保育所しかありませんので、「保育短時間」の保育料となります。
保育料の変更
階層区分は、国の基準を基本に設定し、それに合わせて階層区分ごとの保育料も改定しています。低所得者層に配慮し、えりも町独自に「均等割のみの課税世帯」の階層を加えています。
減免・多子軽減
母子世帯、在宅障がい児等のいる世帯で、第2階層に該当する場合は無料となります。また、第3階層から第4階層の場合は1,000円控除した額となります。
保育所を同時に利用する場合は、2人目は半額、3人目は無料となります。(兄弟姉妹が幼稚園を利用している場合も軽減算定の数に含めます)

お問い合せ・担当窓口

町民生活課 社会係