現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のページ
  3. 保健福祉課
  4. 「新しい生活様式」における熱中症予防について

「新しい生活様式」における熱中症予防について

  暑い時や運動・活動の際、人は皮膚から熱を逃し、汗をかくことで、体温の上昇を抑えています。熱中症は、こうした体温調節のバランスが崩れ、体に熱がたまることで起こります。熱中症の発症には、高温、多湿、風通しが悪い、激しい運動、厚着など様々な要因が関係していますが、特に高齢者、子ども、障害者は熱中症になりやすいので注意が必要です。
 「新しい生活様式」では、新型コロナウイルス感染症の予防に有効ですが、夏場に実践する際には、熱中症対策にも留意が必要です。暑さを避け、水分を取るなどの「熱中症対策」と、マスク、換気などの「新しい生活様式」を両立しましょう。

「新しい生活様式」における熱中症予防のポイント

マスクの着用について

  マスクを着用していない場合と比べ、心拍数や呼吸数、血中二酸化炭素濃度、体感温度の上昇など、身体に負担がかかることがあります。そのため、高温や多湿といった環境下でのマスク着用は、熱中症のリスクが高まるので、屋外で人と十分な距離(2m以上)が確保できる場合には、マスクをはずすようにしましょう。
 ただし、使用後のマスクは汚染している可能性があるので、なるべく触らず、紐の部分を持って外し、ポケットに直接入れず、ビニール袋などに入れましょう。
【マスクを着用している際の注意点】
・強い負荷の運動は避けてください。
・水分を摂る回数が、気づかないうちに減ることがあります。のどが渇いていなくても、こまめな水分補給を心がけましょう。
・周囲の人との距離を十分にとれる場所で、マスクを一時的にはずして休憩することも必要です。
 また、マスクの有無にかかわらず、外出時は日陰での休息や、涼しい服装を心がけ、日傘や帽子を活用しましょう。

エアコン・扇風機の使用について

  新型コロナウイルスを含む微粒子等を室外に排出するためには、冷房時でもこまめに換気を行い、部屋の空気を入れ替える必要があります。
 エアコン使用中に換気を行うと、一時的に室内温度が高くなってしまいます。以下の点に気をつけながら、使用して下さい。換気の際にエアコンを止める必要はありません。
1.扇風機や換気扇の併用により、短時間で効率的な換気ができます。例えばドアと窓を開放するなど、2か所を開け放って下さい。1か所のみの開放よりも、対角線上にあるドアや窓を開放すると効率的な換気ができます。また、窓が1つしかない場合は、部屋のドアを開けて、扇風機などを窓の外に向けて設置すると効果的です。
2.換気後、エアコンの温度設定をこまめに再設定してください。
3.ドアや窓を長時間、開放したままにしないようにしてください。(※)
(※) 外の湿度が80%以上の場合、長時間開放のままでエアコンを運転すると室内機に露が付き、家財などをぬらし、汚損の原因になることがあります。

熱中症が疑われたら

  めまいや顔のほてり、立ちくらみ、吐き気、頭痛、体のだるさ、筋肉痛や筋肉のけいれん、発熱などの症状は、熱中症が疑われます。子どもや高齢者は、症状を感じとりにくく体温を調節する機能が弱いため、囲の人も気にかける必要があります。
体に異変を感じられた場合は、すぐに涼しい場所に移動し、体を冷やして体温を下げましょう。嘔吐の症状がない場合は、塩分や水分を補給します。意識がない、水分補給ができない場合などは、すぐに救急車を呼びましょう。
    • 「新しい生活様式」における熱中症予防
      「新しい生活様式」における熱中症予防

      (参考)「新しい生活様式」における熱中症予防行動のポイント 厚生労働省

    • 熱中症の応急処置
      熱中症の応急処置

      (参考)環境省熱中症環境保健マニュアルより

お問い合せ・担当窓口

企画課 防災係

新型コロナウイルス感染症関連情報

保健福祉課