現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 自然
  3. 百人浜

百人浜

襟裳岬から十勝方面に約10キロメートル続く砂浜「百人浜」は、その美しさとは逆に悲しい言い伝えが残されています。
その昔、海の難所として知られる襟裳岬周辺海域で、南部落の大型船が遭難し多くの水死体がこの浜に打ち上げられ、わずかばかりの生き残った人も、飢えと寒さで亡くなったというもの。その数が100人にもなったため名付けられたといいます。

道道34号(襟裳公園線)に駐車場が面していて、海側に百人浜へと続く散策路があります。
緑化事業観察塔からは、緑化事業で植栽されたクロマツ林を一望できます。

百人浜の渚

  • 百人浜

    百人浜

  • 冬の百人浜

    冬の百人浜

  • 百人浜から見た緑化事業管理塔

    海側から見た緑化事業管理塔

  • 百人浜散策路ローアングル

    百人浜散策路

緑化事業観察塔

  • 看板の写真
  • 写真
  • 観察塔の外観写真
  • 国有林の説明看板の写真
  • 観察塔内部の階段の写真
  • 観察塔内部の写真
  • 螺旋階段の写真
  • 風速計の写真
  • 風車型風向風速計の写真
  • 観察塔からの眺めた景色の写真
  • 下りのらせん階段の写真
  • 百人浜一帯の写真
  • 背の低い樹木の写真

第二展望台

  • 遊歩道の写真
  • 遠くに見える風力発電の風車の写真
  • 緑化に着手する前の資料の写真
  • 植物の写真
  • 百人浜の写真
  • 第二展望台の案内看板の写真
  • 野生のエゾシカの写真

関連情報

基本情報

住所