現在位置の階層

  1. ホーム
  2. 各課のページ
  3. 保健福祉課
  4. 保健指導係
  5. 新型コロナウイルス感染症対策・受診等について

新型コロナウイルス感染症対策・受診等について

一般的に感染症は、感染した人の咳などで出た飛沫を口や鼻から吸い込んだり、ウイルスが付いた手で目や鼻、口に触れたりすることで感染します。
外出制限によって人との接触を8割減らすことで、感染者数は減少に転じるとされています。
また、発症の2日前と発症後すぐか、ウイルスの排出量が多く最も他者に感染させやすいと考えられています。症状がない場合でも、外出の際など人と接触する場合は、マスクを着用してください。

感染症対策について

緊急事態宣言が解除されましたが、町民の皆さんにおかれましては、感染の第2波第3波に備えて、マスクの着用や咳エチケットの励行、手洗いの徹底等、通常の感染対策を行い、予防に努めていただきますようお願いします。
    • 手洗い・咳エチケット
    • 消毒用アルコールがない場合の消毒除菌について

新しい生活様式・受診や相談先について

感染を防止するには、「密閉した空間」「密集した場所」「密接した場面」を避けることが有効です。飛沫(くしゃみ、つばなど)を防ぐために、人との距離を2メートル以上とりましょう。
    • 新しい生活様式(1)
    • 新しい生活様式(2)

「北海道-新型コロナ対策パーソナルサポート」アカウントが開設されています

北海道では、 LINE公式アカウント「北海道-新型コロナ対策パーソナリティサポート」と友達になり、あなたの状態を入力いただくことで、あなたの状態に合わせた新型コロナウイルスに関する情報をお知らせしています。

電話・オンラインによる診療を希望する場合について

 新型コロナウイルス感染症が拡大していることに鑑みた時限的・特例的な対応として、初診も含め、医師の判断で電話やオンラインにより診断や処方を受けられることとなりました。
このため、電話やオンラインによる診断や処方を受けたい場合は、まずは、普段からかかっているかかりつけ医等にご相談ください。
かかりつけ医等をお持ちでない方は、下記の厚生労働省のホームページに電話やオンラインによる診療を行う医療機関のリストを掲載することとしているので、掲載されている最寄りの医療機関にご連絡ください。
※ただし、電話やオンラインによる診療に適していない症状や状態の場合は、医師の判断で診断や処方は行わず、医療機関における対面の診療を勧めることがあります。
    • 電話・オンライン診療(その1)
    • 電話・オンライン診療(その2)

次の症状がある方は下記を目安に「帰国者・接触者相談センター」にご相談ください

○ 少なくとも以下のいずれかに該当する場合には、すぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)
☆ 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合
☆ 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
(※)高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方
☆ 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合
(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合にはすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)
 (妊婦の方へ)
 妊婦の方については、念のため、重症化しやすい方と同様に、早めに帰国者・接触者相談センター等に御相談ください。
(お子様をお持ちの方へ)
 小児については、小児科医による診察が望ましく、下記の帰国者・接触者相談センターやかかりつけ小児医療機関に電話などで御相談ください。
※なお、この目安は、国民のみなさまが、相談・受診する目安です。これまで通り、検査については医師が個別に判断します。

● 厚生労働省電話相談窓口 0120-565653(フリーダイヤル)9:00~21:00(土日祝も含む)

● 北海道保健福祉部健康安全局地域保健課 011-204-5020(24時間)

● 浦河保健所 0146-22-3071(平日 8:45~17:30)

 【相談後、医療機関にかかるときのお願い】
○ 複数の医療機関を受診することにより感染を拡大した例がありますので、複数の医療機関を受診することはお控えください。
○ 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクやティッシュ、ハンカチ、袖・肘の内側などを使って、口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。公共交通機関の利用を避けて受診してください。

    • 受診の流れ

      【画像制作】Yahoo!JAPAN

感染が疑われる人がいる場合の注意点

 ご家族、同居されている方は、既に感染している可能性もあります。感染者の症状が軽快してから 14日間経過するまでは、健康状態を監視することをお勧めします。職場や学校に行く時など外出する際はマスクを着用し、こまめに手を洗ってください。
    • 家庭での感染拡大防止

お問い合せ・担当窓口

保健福祉課 保健指導係